top of page
​お知らせ

家元のよみもの Vol.3 重陽の節句

更新日:2023年9月8日

「重陽」とは、陽の数字で一番大きな「9」が重なる9月9日を指し、大変おめでたい日とされています。


この日は、陽の気が最も強くなるとされ、古くから特別な意味を持つ日として祝われてきました。


陰陽五行説に基づき、奇数は縁起のよい陽の数字、偶数は縁起の悪い陰の数字として捉えられていました。特に、9は陽の気が最も強い数字とされ、9月9日はその陽の気が2つ重なる日として「重陽」と呼ばれるようになったそうです。

古来、中国では奇数を縁起の良い「陽数」とし、その中でも「9」は最大値として特に重視されました。


旧暦の9月9日は、現在の10月中旬ごろに当たり、菊の花が美しく咲く時期とも重なり、菊は「仙境に咲く霊薬」として、長寿の効能があると信じられていました。


このため、重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれ、菊の香りを移した「菊酒」を飲んで邪気を払い、無病息災や長寿を願うのです。


いけばなでも菊は格調高い花として正式のお祝いの場などにも生けられますが、若い方にとっては、お葬式のお花、というイメージが強いかもしれません。

白、黄色、紫などごく一般的なものから、花びらの細いタイプや、ダリアのような華やかで大輪のものまで、多くの種類があります。


皆様も是非重陽の節句には、お気に入りの一輪の菊を求めて、この酷暑の夏の疲れを癒やし、健康長寿を願いましょう!


この「9」という数字、私は9日生まれなので、この「9」という数字にあやかり、夏の疲れに負けず、パワフルに秋に突入したいと思います。


どうぞ皆様も夏のお疲れが出ませぬよう…


梶井宮御流 第二十一世家元 

一松斎 藤原素朝




外部リンク

梶井宮御流ー三千院リンク.png
梶井宮御流ー三千院リンク eng.png
梶井宮御流ー三溪園リンク.png
梶井宮御流ー三溪園リンク eng.png
梶井宮御流ーストアリンク-1.png
梶井宮御流ーストアリンク eng (1).png
bottom of page